木あそび 工房こまくさ【長野県 駒ヶ根市 木 手作り 家具】

 
 
 
鳥取県N様:木曽檜の無垢一枚板で制作するテレビ台 更新
2016-02-16
歪取りを始めました。工房の中は桧の香りに包まれています♪
~鳥取県N様:木曽檜の無垢一枚板で制作するテレビ台制作~
木曽檜は年輪幅が細かい為仕上がりが美しく反り・曲がりなどの狂いや割れが非常に少ない良材です。
長さ2200mmの一枚板より制作して行きます。2分割された上段棚板材と下段棚板材は歪取りをして行きます。
今も木曽檜は高級材です。素晴らしいテレビ台が完成しそうです(^^♪
歪取りが終了すると、天板の補修・補強に入って行きます。
工房の中は桧の良い香り・・個人的な意見ですが・・(笑)・・で堪りません。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
新作:欅変形一枚板で制作する文卓(ミニテーブル) 更新
2016-02-13
天板の板厚85mm、脚部の板厚66mmワイルドなうねりと板厚が魅力的♪枝の重みで出来たしわが樹齢を感じさせますね♪
~新作:欅変形一枚板で制作する文卓(ミニテーブル)~
工房では長さは余りないのですが・・前々から気になっていた欅の一枚板で文卓を制作しています。
ワイルドな姿に惚れこみ、天板に負けない脚部用の材も見つけ出しました(^_-)-☆
完成を想像しただけでもワクワクしますね。
天板は朽ちた所も有ります。そんな所はゼブラの大きなチギリでチョコっと隠して後は歪取りの粉で埋めています。
天板裏の朽ちた裏側は抉れたまま残しています。
今は仮組みに向けて奮闘中・・こんなに個性有る材で作品を作る時はテンション上がりますね(笑)
自分の為だけの文卓・ミニテーブルに如何でしょう。スポット商品として完成次第お安いお値段で販売いたします。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
松本市:O様~カウンター用~楢無垢一枚板の加工 更新
2016-02-06
耳部分も大まかに磨きました~自然な凸凹は残したいというご希望でしたのであんまり磨き上げていません。最終の表情はO様が完成させて行きます。
松本市O様より承りました、カウンター用~楢無垢一枚板の加工を始めています。
松本市のお城近くにこの春開店するゲストハウスのキッチンカウンター用に使われます。
楢の一枚板を工房にて2枚選んで頂きました。¬方向に作られる様で工房では歪取りと粗磨きまで致します。後は施工大工さんの手で設置され、仕上げはO様がされる様です。
長い一枚板を平に歪を取る事は、ちょっと素人の方では無理です。仕上げは丹念に磨き上げ(もう良い感じに磨いて有りますが)オイルフィニッシュ~これは少し頑張れば大丈夫ですね(^^♪
少しひびや割れも有りますが、チギリで補強したり補修は全てこちらで仕上げます。
寸法は現場合わせの様ですので長さのカットはしていません。
奥様と一緒に自分達も手伝いながら完成させて行くとの事です。楽しみですね。
「不安ばっかりです~」と奥様が言ってらっしゃいました。第一歩はみんなそうですよね。
オープンがとっても楽しみです。お写真を頂きながら、是非お邪魔したいと思っています。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
神奈川県:F様:木の手作り時計制作 3 更新
2016-02-02
寄せ木で制作した置き時計もオイルフィニッシュ♪時針・分針は屋久杉で制作、秒針は黒檀~重いと動かないので薄く・・薄く・・引いて行きます。
~神奈川県F様よりご注文頂きました、ご進物用の時計~
掛け時計・置き時計共に全ての加工が終了してムーブメントの取り付けに入りました。
掛け時計の針は、今回は敢えてシンプルな市販の針を使っています。ご注文時に木の針にする事はOK♪
置き時計は時針・分針は屋久杉で制作、秒針は黒檀の三日月を作りました・・1mmより薄く作るのが結構大変です。黒檀はとても硬い木ですね。
完成すると再度磨き上げ、オイルフィニッシュへと入って行きます。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
神奈川県:F様:木の手作り時計制作 2 更新
2016-01-30
中央が槐の材、上下の横にはタガヤサンを使い縦枠には田茂を使っています。
~神奈川県F様よりご注文頂きました、ご進物用の時計~
今回は掛け時計の制作状況をご案内いたします。
各パーツの木取りを終え、ひずみ取りをしました。全てのパーツを組み込める様にほぞ組み加工をしています。
上記の作業が終わると本組みをしてムーブメントの取り付けや針を取り付けれる様にして行きます。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
新作:欅ローソファー(クッション付き)5 更新
2016-01-28
背板の欅一枚板のごつごつした表情に優しい素朴な表情の座布団が良いですね♪
~新作:欅のローソファー~
欅ローソファーはオイル仕上げに入っています。
オイル仕上げは、木目を濡れ色に浮き立たせ、何とも素朴で優しい風合いでしょう(^0_0^)
大変個性的な背板の欅は木目と色合いが目を引きます。この表情をナチュラルなままに完成してみました。しかし無垢一枚板、一枚一枚の自然のうねりを、そのまま大事に生かしていくという作品はかなりの技術を要します。
自然を生き抜いたからこそ味わえるこのダイナミックさ!! 完成すると~この素晴らしさがたまりません
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
神奈川県:F様:木の手作り時計制作 更新
2016-01-25
寄せ木が出来たらボンドで固定して数日乾かします。その後、歪取りに入って行きます。周りは16種類の木を使って寄せ木しました。
神奈川県F様より、御親戚の新築のお祝いに木の時計を作って欲しいとご注文を受けました。
前に購入して頂いた時計のデザインがご希望でしたが、在庫が無く工房もそんなに忙しくはないので
この機会に好評だったデザインの掛け時計と置き時計も含めて何種類か制作する事に致しました。
・木の種類を沢山使ったモザイクの置き時計・・中央は栗と田茂の2種類
 周りは欅・胡桃・パープルハート・栗・ブビンガ・タタジュバ・栃・タガヤサン・山桜・楓・ゼブラ・胡桃・ブラックウォールナット・マホガニー・屋久杉・パドックと全部で16種の寄木になっています。
・8年ほど前に制作して好評だったデザインの掛け時計・・2種類を作って見ます。
  詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
新作:欅ローソファー(クッション付き)4 更新
2016-01-22
沢山のクランプを使い本組みをしています。一週間ほど乾燥させて最終の磨き上げ>オイルフィニッシュへと入って行きます。
~新作:欅のローソファー~
欅のローソファー制作は、肘掛部分も出来上がり仮組み~本組みまで出来ました。
冬場なので本組みをすると、一週間位はクランプが外せません。
乾燥にとても時間が掛かります。
クランプが外れると、細部にわたり磨き上げへと入って行きます。
そしてオイルフィニッシュへ♪木目がくっきりと浮かび上がり更に欅の木目の良さが引き立ちます。
 
  詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
新作:欅ローソファー(クッション付き)3 更新
2016-01-17
脚部が出来上がり、欅の一枚板を使った背板も仮組みが出来ました。
~新作:欅のローソファー~
大分苦労した、座板作りも本組みが終わりました(^^♪本組みが終わると、脚部のほぞ加工に入り座板へ差し込める様にして行きます。
此処まで出来ると、今度は背板の幅が決まるのでいよいよ背板用の欅一枚板を木取りして歪取りを
行いました。
背板は木のうねりや耳部分のぼこぼこも丹念に削ったり磨いたりして仕上げて行きます。
一日向き合っていても終わる事が無く・・根気のいる作業が続きます。
綺麗に仕上がったら、脚部に背板をはめ込める様にほぞ組み加工をして行きます。
背板が付くと大分、ローソファーの作品らしくなってきました。
これから肘掛部分の高さを決定してほぞ加工に入って行きます。
 
  詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
新作:欅ローソファー(クッション付き)2 更新
2016-01-12
前足と後ろ足が出来てきました。座板の方へ臍加工して背板の寸法が決まってきます。
~新作:欅のローソファー~
 座板の制作が順調に出来上がり、低反発のクッションを入れ込んでみました~( '-'* )?
何かバランスが・・55×55×15cmのクッションを入れ込んでみたら、奥行と幅は流石に
測って作っているのでOKなのですが、厚さ15cmのクッションは高さが飛び出ていすぎて・・・仕上がりをイメージしてもバランスが悪すぎ!ケヤキの前後の枠にも板厚の限界があり下げきれず、結局前回と同じ様な普通のクッション55×55×7cmに変更。市販の物なのでお客様の好みのクッションに変更も可能。もう一度、縦格子を小さくサイズダウンして決定にしました。
これから傾斜を後方に少しつけながら、前足と後ろ足を制作していきます。
横のサイズが確定すると、いよいよ背板の一枚板のサイズが確定するので木取りに入っていきます。
 
 詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
<<木あそび工房 こまくさ>> 〒399-4103 長野県駒ヶ根市梨の木4-13 TEL:0265-83-9981 FAX:0265-83-9981