木あそび 工房こまくさ【長野県 駒ヶ根市 木 手作り 家具】

 
 
 
松本市W様:お持ち込み天板の再塗装 2 更新
2019-07-21
天板表面の最終オイルフィニッシュの表情~持ち込まれた時の天板とは全く違う表情になりました。
松本市W様よりご依頼頂きました歪みを取っての再塗装は、天板両面の磨き上げと補修が終了してオイルでの再塗装を致しました。
 
アサメラ材は木理が交差しているので表面が粗くなります。オイルの仕上げは通常よりも目に擦り込ませるように塗布後の
磨きを何度かして様子を見ます。
オイル仕上げは木目を濡れ色に浮き立たせ、何とも素朴で優しい風合に仕上がって行きます。
木目がくっきり浮かび上がり美しい表情になりました。持ち込まれた時の天板とは全く違う表情になりましたね♪
 
暫く乾燥させてお引き渡しになります。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
松本市W様:お持ち込み天板の再塗装 更新
2019-07-17
表面を歪み取りしています♪
松本市W様より~一年ほど使っているダイニングテーブルの天板を今のウレタン塗装からオイルフィニッシュに再塗装をしてほしいとのご依頼です。既製のものをお買い上げした様ですが、オイル仕上げの様な板の表面が深呼吸出来る様にしたいとのことです。天板は表と裏で仕上げが違い少し天板もねじれと歪みが始まっていました。
 
早速、今塗装されている塗料を歪取りをしながら取り除きます。両面剥がしたら側面もきれいに取ってしまいます。
長さが何故か50mm近くも違っています。此方も両端が平行になるように整えてカットしました。
歪みが取れたらひび割れもかなりあって此方も補修をしなければなりません~自身の磨き粉を埋め込みながら補修しました。
 
色の付いた仕上げでしたので削り取ることで、本来の美しい木目がしっかり出てきてオイルフィニッシュが楽しみですね。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
岡谷市M様:山桜一枚板のカウンター天板と朱里桜のベンチ用座板制作 更新
2019-07-12
歪みが取れました。板厚は40mmでフィニッシュ。奥はカウンター製作用の山桜の一枚板です。
岡谷市M様よりご注文いただきました、山桜一枚板で制作するカウンター天板と朱理桜のベンチ用座板制作を始めました。
 
先ずは朱理桜の無垢一枚板の歪みを取っていきます。朱理桜の木は辺材は淡い灰白色で心材は紅色がかった褐色です。
華やかさの中に奥深さのある日本的な家具の材料として重宝されています。
 
ベンチ用に座板のみで加工します~M様よりご注文いただいた作品は、脚は付かず全て一枚板として納めさせていただきます。
新築の設計図に基づき建築時にそれぞれ組み込まれて(言い方は合ってるかな^_^;)完成します。
 
最終打ち合わせを済ますと、指定のサイズにカットします。
山桜の一枚板も一枚の板から、玄関のカウンター・幕板など余すところなく使っていきます。
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
初夏ですね~可憐な花ウチョウラン開花~(^^♪ ☆こまくさリズム☆ 更新
2019-07-06
連舌やまん丸い花弁、斑紋花も安価で買うことが出来る様になりました。
連日、雨や曇天の梅雨空の毎日が続いています。それでも2本だけ有るブルーベリーの木はちゃんと実を付けてくれて、数日置きに収穫するのがとても楽しみです♪
 
球根を分けをしたウチョウランも美しく咲き出しています。昔は(30年くらい前)800鉢以上にまで増やしたウチョウランも忙しすぎてイワヒバに地植えしたりしても・・やっぱり手を掛けてあげないとだめになりますね
 
昔はバイオで交配等殆ど無く銘品と言われるウチョウランは、1球3万円とか5万円とかもざらに有りました。
今も新しい名前でどんどん出ているでしょうが普通に見る美しいウチョウランが5球位入って5,6百円程度で売っていますね。
イワヒバ等とも相性が良く手間も掛からず増えてくれて最高です♪
 
 
詳細はこまくさリズムよりご覧になれます。
 
塩尻市U様:欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブル用天板 3更新
2019-06-28
天板表面の耳部分も表情豊かに白汰がくっきりと浮かび上がりました
塩尻市U様よりご注文頂きました、欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブル仕様の天板制作は、7回塗って裏面は仕上がりました。最初は手触りの良くなかった表面もすっかり良くなり綺麗な表面になりました♪
今は天板表面のつや消しウレタン仕上げ4回目の様子をお届けします。
 
丁寧に磨き上げた耳部分や穴部分も仕上げ塗装がされると美しい表情です。裏面同様7~8回くらい磨きや塗布を繰り返し仕上げていきます。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
塩尻市U様:欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブル用天板 2更新
2019-06-18
3回目のウレタンを塗っています。ダイナミックで力強い天板の表情が浮き出てきます。
塩尻市U様よりご注文頂きました、欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブル仕様の天板制作は、磨き上げが終了して
水性エコウレタンの艶消し仕上げに入っています。
 
天板の表面や耳部分の大きな穴は、サンドペーパーでしっかりと磨き上げて仕上げます。
全ての磨き上げが終了すると表面を一回ウレタン塗布をします~ある程度乾かし全面をサンダーで磨き目地を詰めていきます。
 
ダイナミックで力強い天板の表情が浮き出てきます。
これを6~8回繰り返します。今は気温や湿度が塗装に適した日が続くので順調ですが、冬場や雨降りが続くと時間が更に掛かります。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
塩尻市U様:欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブル用天板 更新
2019-06-10
歪み取りが終わった木表の様子~板厚は60mm有ります。
塩尻市U様よりご注文頂きました、欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブル仕様の天板制作に入りました。
天板に選んで頂いた欅の無垢一枚板KBK-67は、穴も沢山有ったり個性豊かな一枚板です。
それだけにU様と奥様の目に留まり~のびのびと育った一枚板に惹かれたと思います。
 
とは言えダイニングに使用される天板ですので、歪み取りをした後は自身の削り木粉を使い丹念に埋めて補修します。
大きな穴はそのままですが、端の方なのでこれはそのまま残しましょうと言う事になりました。
 
歪み取りを終了して、板厚が60mm有ります。耳部分も打ち合わせ通りにカットして作っていきます。
かなり大きな穴部分は、3回に分けて埋め込み補修をします。
補修・補強が出来ると水打ちをして毛羽立たせ、荒磨きに入っていきます。
 
自然な流れがダイナミックで力強い天板が仕上がりそうです。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
新作:欅無垢一枚板で制作する3人掛けローソファ 4 更新
2019-06-02
木の命である木目の美しさやしっとりとした質感がそのまま表現されています。この瞬間が一番感動しています。
欅の無垢一枚板で制作する3人掛けローソファは、オイルフィニッシュが終了して完成いたしました。
一回塗りが終わって磨きと拭き取り終了・・この瞬間に美しい濡れ色の魅力的な木目が美しく浮かび上がりました
座板と背板共に欅の無垢一枚板より制作しているのでダイナミックで重厚感が有ります。
 
座板や背板の木目が美しい逸品に仕上がりました。座板の広さも十分。お昼寝も出来ちゃいます(^_-)-☆
背板の木目がぐぐっと目を引きます(^0_0^) 白太とのコントラストが大変美しい一枚板です。

木の命である木目の美しさやしっとりとした質感がそのまま表現されています。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
新作:欅無垢一枚板で制作する3人掛けローソファ 3 更新
2019-05-26
今回の長尺ベンチは座板も一枚板で制作しました♪
欅の無垢一枚板で制作する3人掛けローソファは、仮組が完成して一旦ばらし最終の磨き上げに入りました。
背板の耳部分も朽ちた穴部分も丹念にサンドペーパーで磨いていきます。
 
全ての磨き上げが終わると本組入っていきます
 
※欅無垢一枚板で制作るローソファー  完成サイズ
全長:1950  奥行き:710  高さ:660 座面迄の高さ:250
有効座面  W:1625  D:550  仕上げ:オイルフィニッシュ
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
富士見町H様:屋久杉で制作する置き時計 更新
2019-05-20
文字盤はコクタンで作りました。オイルフィニッシュに入っています。
富士見町H様よりご注文頂きました、屋久杉の一枚板より置き時計を制作しています。
屋久杉も薄い一枚板は有るのですが、置き時計にする一枚板となると中々有りません。
 
端材からですが80mm近く板厚が有る板より歪み取りをして70mmキープ出来ました。
文字盤の大きさや位置等は、打ち合わせの線引きに寄り作り上げて行きます。
後方へムーブメントを入れ込む穴を彫ります~板厚が70mmも有るので深くなっています。
 
文字盤の位置を出しコクタンで作りました。文字盤迄出来ると、オイルフィニッシュに入ります。
針を取り付け動作確認をします。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
<<木あそび工房 こまくさ>> 〒399-4103 長野県駒ヶ根市梨の木4-13 TEL:0265-83-9981 FAX:0265-83-9981