木あそび 工房こまくさ【長野県 駒ヶ根市 木 手作り 家具】

 
 
 
駒ケ根市O様:栗の〇座椅子8脚と槐の長尺ベンチ 納品 更新
2018-04-02
カウンター席から見える中央アルプスが素敵ですね♪メインスペースには欅のテーブルが入って来ます。
駒ケ根市O様よりご注文頂きました、栗無垢一枚板で制作した〇座椅子8脚と槐の長尺ベンチを納めさせて頂きました。
 
栗の一人掛け椅子は一枚板を使って制作しているのに大変軽くとても扱い易く出来ています。
今回制作した〇座板椅子は、背板は湾曲になっているのでフィット感が良く座り心地も最高です。
又、栗材で制作した家具は使い込むと味わいの有る色合いに経年変化して行きます。
 
槐の長尺ベンチは待合室へ~冬は暖炉の側で暖かそうです♪
槐の木は魔除け・長寿・安産・幸せの木として有名です。家に侵入しようとする鬼を防いでくれるという伝説もあります。縁起の良い樹なんですね(^_-)-☆ 
槐は 木肌は焦茶色をしていますが、白汰(外側の部分)はくっきりと白くなっています。 ハッキリとしたツートカラーも魅力の一つです。
 
お蕎麦屋さんの開店は6月中旬頃の様ですが、今回はカウンター用の椅子とベンチをを先行して納めさせて頂きました。
 
 
詳細は納品:ダイニングテーブル・椅子・ベンチよりご覧になれます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
駒ケ根市O様:欅無垢一枚板で制作するテーブルと一人掛け椅子 6 更新
2018-03-28
後ろ足の背板が入る部分にほぞ加工をして行きます
栗無垢一枚板で制作する一人掛け椅子 2 (□座椅子 編)
 
駒ケ根市O様よりご注文頂きました栗無垢一枚板で制作する□座椅子は、それぞれのパーツに差込む穴や凹凸のほぞ加工をするための墨出しをしました。
沢山のパーツなので此方も大変時間が掛かりました・・印が出来るといよいよ加工に入って行きます。
 
最初に背板と後方の足部分を作るために加工しています。
背板が出来ると前足を加工して座板の下部分から、背板につなげる様に加工して行きます。
 
沢山写真も載っていますので是非ご覧ください。
 
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
駒ケ根市O様:欅無垢一枚板で制作するテーブルと一人掛け椅子 5 更新
2018-03-22
栗の一枚板より木取りしたパーツはバンドソーで各パーツの大きさにカットして行きます。
栗無垢一枚板で制作する一人掛け椅子 1 (□座椅子 編)
 
駒ケ根市O様よりご注文頂きました栗無垢一枚板で制作する□座椅子の制作を始めました。
8脚制作するので沢山のパーツが有ります。
 
栗の一枚板より各パーツの木取りをはじめ、それぞれ大きさにカットしたら歪み取りを始めます。
 
歪みが取れるとノギスで測りながらドラムサンダーで磨いていきます。
全てのパーツの歪み取りと板厚が一定になると、ほぞ加工に入れるように墨出しをして行きます。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
駒ケ根市O様:欅無垢一枚板で制作するテーブルと一人掛け椅子 4 更新
2018-03-19
8脚全てのオイルフィニッシュが始まりました
欅無垢一枚板で制作するテーブルと一人掛け椅子 4 (〇座椅子 編)
 
駒ケ根市O様よりご注文頂きました欅無垢一枚板で制作する〇座椅子の制作は,8脚全てを一旦ばらして全てのパーツを紙やすりで丁寧に磨き上げて行きます。
磨き上げが終わると座板部分より本組へ入り、数日固定させて背板部分も合わせて最後の本組となります。
 
更に木工用ボンド等の付着を確認しながら全面の最終磨き上げに入ります。
オイルフィニッシュに入ると美しい木目がグッと浮き上がりいよいよ仕上がりです。
 
カウンター用の椅子が出来上がりました。デザインも場所を取らずシンプルで座り心地も良さそうですね♪
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
駒ケ根市O様:欅無垢一枚板で制作するテーブルと一人掛け椅子 3 更新
2018-03-11
8脚全ての仮組が完了しました
欅無垢一枚板で制作するテーブルと一人掛け椅子 3 (〇座椅子 編)
 
駒ケ根市O様よりご注文頂きました、欅無垢一枚板で制作する〇座椅子の制作は仮組まで来ました。
 
脚部のほぞ組が完了し足部分が出来ました。次は背板の湾曲作りです。背中にフィット感が有り、座り心地を良くするために
鉋で仕上げて行きます。
 
座板に背板が差し込める様に溝を彫り差し込んでみます~全てが差し込めると仮組が完成です。
8脚全ての仮組が出来ました~一旦ばらして全てのパーツを紙やすりで丁寧に磨き上げて行きます。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
駒ケ根市O様:欅無垢一枚板で制作するテーブルと一人掛け椅子 2 更新
2018-03-05
座板に溝が彫られこんな感じでドッキングします
欅無垢一枚板で制作するテーブルと一人掛け椅子 2 (〇座椅子 編)
 
駒ケ根市O様よりご注文頂きました、欅無垢一枚板で制作する〇座椅子の制作は脚部分のごぞ加工に入っています。
 
全てのパーツの歪みが取れ、足部分のクロス上下や4本足の凹凸や差し込み穴の加工をしています。
大まかにルーターなどを使い加工をして、後はノミや鉋で仕上げて行きます。
 
座板に足部分が差し込める様にクロスの溝を彫って行きます。
 
脚部の加工が終わると〇座をお手製のコンパス様なルーターにセットして円座を作って行きます。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
神奈川県G様:欅の無垢一枚板で制作するダイニングテーブルとベンチ 5 更新
2018-02-26
オイルフィニッシュに入りました。美しい木目がぐっと浮かび上がり最高の一瞬です(^^♪
愛知県Y様よりオーダーを頂きました欅の無垢一枚板で制作するダイニングテーブルと長尺ベンチは仕上げ塗装に入っています。
ダイニングテーブルの天板は艶消し水性エコウレタン仕上げ、ダイニングテーブルの脚部と長尺ベンチはオイルフィニッシュ
で仕上げます。
 
ダイニングテーブルの裏面には、G様よりご依頼の有った名入れを彫りこみました。
代々受け継がれる家具だから記念に残せると良いですね(^^♪
 
艶消し水性エコウレタン塗装仕上げは、埃のない所で緊張感一杯で作業します。熟練を要しますね。乾き具合を見ながら、塗ってー乾燥ー気の目地に擦り込むように磨き上げー面の様子を見ながらまた塗ってを6~8回行っていきます。かなり時間も要します。今の時期だと約一か月は掛かります。
 
長尺ベンチはオイルフィニッシュ~オイル仕上げは木目を濡れ色に浮き立たせ、何とも素朴で優しい風合に仕上がって行きます。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
駒ケ根市O様:欅無垢一枚板で制作するテーブルと一人掛け椅子 1更新
2018-02-20
脚部のクロス上下と足部分で64本のパーツ。最終はノギスで測り全て同じ幅に仕上げて行きます。
駒ケ根市O様よりご注文頂きました、欅無垢一枚板で制作するテーブル3脚と一人掛け椅子16脚の制作を始めました。
当工房のすぐ近くにお蕎麦屋さんを開店されるとの事♪もう建物も出来上がりつつある様です。
 
お蕎麦大好きな主人は開店が今からとても楽しみなご様子(笑)
 
店内で使われるテーブルと椅子のご注文を頂きました。
 
椅子は栗材を使い、カウンター用の背板付き丸座板デザインが8脚・□座板のテーブル用が8脚となります。
テーブルは3脚~全て欅の無垢一枚板で制作して行きます。

店内のカウンター用の椅子より制作を始めています。
栗材より木取りした、板は歪み取りに入っています。脚部はパーツが多いので大変な量です。
背板や座板に使われる栗一枚板は板厚50mm以上より制作して行きます。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
神奈川県G様:欅の無垢一枚板で制作するダイニングテーブルとベンチ 4 更新
2018-02-14
仮組が完成した長尺ベンチは耳部分の補修チェックをしたり、確認が出来ると一旦ばらして面取り~最終磨き上げに入って行きます。
愛知県Y様よりオーダーを頂きました欅の無垢一枚板で制作するダイニングテーブルと長尺ベンチは仮組まで終了しました。
貫き板を固定する楔は山桜を使用しています。
 
耳部分の補修をして、両方とも一旦ばらして面取りと最終磨き上げに入って行きます。
 
沢山の写真で制作過程が見れます~是非ご覧ください(^^♪
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
神奈川県G様:欅の無垢一枚板で制作するダイニングテーブルとベンチ 3 更新
2018-02-08
天板裏へ墨出しに沿って差し込み用の凹を作ります
神奈川県G様よりご注文頂いた、欅の無垢一枚板で制作するダイニングテーブルとベンチ はほぞ加工をしています。
 
釘は一本も使いませんので、どんなに複雑でも墨出しをしながら全て組込める様にしていきます。
弓型の脚部デザインは特に上段、下段共に加工が複雑になります。
 
全ての加工が終わると仮組が出来ます。ダイニングテーブルとベンチと並行して制作を進めています。
 
 
沢山の写真で制作過程が見れます~是非ご覧ください(^^♪
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
<<木あそび工房 こまくさ>> 〒399-4103 長野県駒ヶ根市梨の木4-13 TEL:0265-83-9981 FAX:0265-83-9981