木あそび 工房こまくさ【長野県 駒ヶ根市 木 手作り 家具】

 
 
 
積水ハウス(株)松本支店様:屋久杉一枚板で制作するリビングテーブル 3 更新
2017-11-08
オイル仕上げをしています。裏側です~脚部の青田茂との色のコントラストが美しいですね♪
積水ハウス(株)松本支店様よりご注文頂きました、屋久杉無垢一枚板で制作するリビングテーブルの制作は本組まで終了しオイルフィニッシュに入っています。
脚部が差し込めるにほぞ加工をして天板裏に入りました。ノミで細部の入り具合が調整できると仮組が完成です。
仮組が完成すると一旦ばらして、面取り、最終の磨き上げをします。
 
本組が終了するとオイルフィニッシュへと入って行きます。
屋久杉はもう私達の手には中々入りません・・オイルを塗り込んで行くと表情がぐっと迫って来る雄大さを感じます。
一点もの・・一生物・・朽ちた姿も味わいと癒しの空間になりますね(^_-)-☆
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
愛知県Y様:欅の無垢一枚板で制作するダイニングテーブル 3 更新
2017-11-03
仮組が完成しました。下段の貫き板は少し幅広に作っています~両側から足が乗せられて楽です。これからばらして、各面取りと細部の磨き上げに入ります。
愛知県Y様よりオーダーを頂きました、欅の無垢一枚板で制作するダイニングテーブルの制作は仮組まで出来ました。
脚部は天板裏に入り、貫き板もほぞ加工が出来て脚部の固定が出来ます。
貫き板は欅の一枚板より木取りしています。下段の貫き板は少し幅広に作っていますので足を乗せて寛げます♪
 
仮組がOKになると一旦ばらして、面取りから最終の磨き上げに入って行きます。
いよいよ完成が近くなりました。次はオイルフィニッシュへと入って行きます。
加工の様子が沢山の写真で見られます。是非、ご覧ください♪
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
積水ハウス(株)松本支店様:屋久杉一枚板で制作するリビングテーブル 2 更新
2017-10-29
板厚が50mm有るので、合わせは2列でビスケットを使い合わせます。
積水ハウス(株)松本支店様よりご注文頂きました、屋久杉無垢一枚板で制作するリビングテーブルの制作は天板の磨きが終わり
チギリを入れて補修をしました。
脚部は3枚剥ぎが出来ました。脚部用の青田茂は50mm有るので、ビスケットを使い2段で剥いでいます。
天板裏と脚部が差し込める様にほぞ加工をしています~仮組まであともう少しです♪
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
積水ハウス(株)松本支店様:屋久杉一枚板で制作するリビングテーブル 1 更新
2017-10-24
屋久杉の天板用一枚板の歪み取りが始まりました。歪み取り後の板厚は40mm取れました。
積水ハウス(株)松本支店様よりご注文頂きました、屋久杉無垢一枚板で制作するリビングテーブルの制作を始めました。
 
 千年という歴史を湛える屋久杉♪もう中々お目に掛かれなくなっている屋久杉~
朽ちてレース状に穴だらけの一枚板です。リビングテーブルの制作には全く実用的ではないかもしれません。
しかし悠久の時を刻んだ気品と風格ある佇まいがリビングルームに素敵な空間を演出してくれるでしょう(^^♪
この屋久杉は朽ちた部分を丁寧に磨き上げて行く作業が一番大変です。根気!根気!です。
 
脚部は積水ハウス(株)様のご指定デザインでクロスになっています。青田茂材を使い3枚に剥ぎ1mの長さを出します。
 
全ての歪みが取れると、天板は朽ちてレース状になっている部分を紙やすりで根気よく磨き上げて行きます。
チギリで補強したりひび割れは補修して天板を仕上げて行きます。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
愛知県Y様:欅の無垢一枚板で制作するダイニングテーブル 2 更新
2017-10-17
脚部が出来ました。まだまだ!面取りや最終の磨き上げ等が出来ると本組に入って行けます。
愛知県Y様よりオーダーを頂きました、欅の無垢一枚板で制作するダイニングテーブルの制作は弓型脚部の加工に入っています。
 
ベースと脚部の縦格子部分は、一枚板より木取りをすると全て歪みを取ります。
型に合わせて線引きをしたら、帯鋸で大まかにカットしてサンダーで磨きます。
格子部分は大まかなカットが出来るとノミで正確に仕上げて行きます。
脚部のベースに縦格子が入る様に溝を作り(天板が乗る部分は貫通)仮組を目指します。
 
脚部の仮組が出来ると、天板の耳部分の磨き上げ~脚部を差し込む部分の加工に入って行きます。
 
加工の様子が沢山の写真で見られます。是非、ご覧ください♪
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
積水ハウス(株)松本支店様:ホワイトウォークで制作する吊りブランコ 2 更新
2017-10-12
オイルフィニッシュの第一回目が塗れました。吊り用のロープが通る穴は前後に有ります。
積水ハウス(株)松本支店様よりご注文を頂きました、ホワイトウォークで制作する吊りブランコは、仮組~ばらして面取り~
磨き上げと進みオイルフィニッシュへと入っています。
 
仮組がOKだと、一旦ばらして面取りと最終の磨き上げに入って行きます。
本組は木工用ボンドを使いしっかり固定~更にボルト締めを行っています。表に頭を出す事でデザインとしても面白く仕上がっています。
 
全ての加工が終了すると一回目のオイルフィニッシュに入ります。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
愛知県Y様:欅の無垢一枚板で制作するダイニングテーブル 更新
2017-10-08
歪み取りが終わった木表の表情です。歪み取りをしたばかりは白っぽいですが、日にちが経つとどんどん赤身が帯びて来ます♪
愛知県Y様よりオーダーを頂きました、欅の無垢一枚板で制作するダイニングテーブルの制作を始めました。
 
天板のひずみ取りより始めています。スタートの板厚:70mm>>ひずみ取り後、65mmを確保出来ました♪
少しずつ丁寧にひずみを取って行く事で、板厚を最大にキープする事が出来ます。
 
歪み取りをしたばかりは白っぽいですが、日にちが経つとどんどん赤身が帯びて来ます♪
 
天板は一旦休ませ~脚部やベースに使う欅の一枚板のひずみ取りをします。パーツの木取りを
する為には、全て一枚板のひずみ取りより始めます^_^;
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
積水ハウス(株)松本支店様:ホワイトウォークで制作する吊りブランコ 更新
2017-10-01
座板を乗せる部分のほぞを彫っています。全てのパーツを組込める様にほぞ加工をしていきます。
積水ハウス(株)松本支店様よりご注文を頂きました、ホワイトウォークで制作する吊りブランコの制作を始めました。
 
ホワイトオーク(white oak)は、ワインやウイスキーの酒樽に使用されている事で有名ですよね。
地元、本坊酒造様で使用していた酒樽です。使命を終えた酒樽は、年季もいって趣さえ感じます。
ホワイトオークは強度や耐久性が高く家具制作にも適しています。
 
まずは任務を全うした、真黒になった一枚一枚を直角を出したり、磨きあげたりして、使える板にしていきます。
座板用、背板用、ひじ掛け等のパーツ部分に使用出来る板を選び出します。
 
一枚一枚の曲線を大凡同じカーブになる様に作って行きます。
出来上がると個々の幅を見ながら完成サイズに合わせて組み合わせて行きます。
 
使われる板が決まると、ほぞ組が出来る様に加工して行きます。先ずは外側の枠組みです。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
(株)積水ハウス松本支店様:栗と山桜のカウンター用天板 2  更新
2017-09-28
山桜の木表の表情です。薄いピンク色と木目が素敵ですね♪耳部分は幹のうねりをそのままに丹念に磨き上げています。
(株)積水ハウス松本支店様よりご注文を頂きました、無垢一枚板で制作する栗と山桜のカウンター用天板は、補修と磨き上げが終了してオイルフィニッシュに入りました。
耳部分は幹のうねりをそのままに丹念に磨き上げています。ごつごつとした手触りも自然豊かなデザインを楽しめます。
 
お部屋に香る自然豊かな温もりと木の香りが最高です。カウンター用の一枚板は特にご依頼が多い作品です。
お家を建てる時に我が家だけのオリジナル家具など、設計の方達と相談されてご来店される方が多くなっていますね。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
伊那市H様:欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブルとベンチ 納品 更新
2017-09-23
木が大好きなH様ご夫婦宅へ~一枚板は大樹の力を感じさせます。家族や友人と囲む食卓で憩いのひと時をどうぞ。
伊那市H様よりご注文頂きました、欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブルとベンチが完成して 納品にお邪魔しました。
雨予報でしたが降られる事もなく、無事新築のリビングダイニングへ。
 
欅のダイニングテーブルは、脚部を一枚板で制作しているので、脚部も欅の木目がダイナミックに見る事が出来ます。
重厚感が半端ないですね(^_-)-☆
ベンチとダイニングと両方に使った、楔のブラックウォールナットが目を引きます。
 
世界にたった一つのオリジナル家具~お部屋に香る自然の温もりを感じながら暮らせます。
ダイニングの天板は水性エコウレタン仕上げをしていますので、小さなお子様が居ても全然平気!水拭きが出来ます。
 
木の温もりに触れながら、成長していくお子様(^_-)-☆いいですね。家族が集まるダイニングに最高の癒し系です。
これからも、ずっと家族の皆様と仲良しです。
 
詳細はダイニングテーブル・椅子・ベンチ納品よりご覧になれます。
 
 
<<木あそび工房 こまくさ>> 〒399-4103 長野県駒ヶ根市梨の木4-13 TEL:0265-83-9981 FAX:0265-83-9981