木あそび 工房こまくさ【長野県 駒ヶ根市 木 手作り 家具】

 

オーダー品制作状況

 

神奈川県K様:欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブルと椅子 

神奈川県K様:欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブルと椅子 
 
神奈川県K様:欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブルと椅子 5
天板の裏面からウレタン仕上げを始めました。
天板の裏面からウレタン仕上げを始めました。
最終~本組みの様子です。脚部は本組みをして有ります。
下段の貫き板の様子。貫き板の一枚板もK様が気に入って頂け選んでいます♪
貫き板は2本入っています~一枚板や耳付きの自然豊かな材をそのまま表情豊かに仕上げています。
脚部は弓型タイプ~ゲスト席もゆったり座れて使い勝手が良いですね。
天板木表の第1回目のウレタンを塗っています。表裏を4~5回程何度も仕上がり状態を見ながら塗り込んで行きます。
耳の部分の表情もウレタン仕上げをするとぐっと浮き出て来ます。
脚部や貫き板はオイルフィニッシュで仕上げています。手前は槐の楔です。
天板の裏面からウレタン仕上げを始めました。
神奈川県K様:欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブルと椅子 5の説明
神奈川県K様よりご注文頂きました、欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブルは仕上げ塗装に入っています。
天板は水性のエコウレタン仕上げを。脚部や貫き板はオイルフィニッシュで仕上げています。
オイルフィニッシュはメンテナンスをして頂く仕上げですので、木と触れ合いたい方には最高の仕上げです。しかし、その反面輪染みや汚れなども付きやすく、毎日お忙しい方やお子様が小さなお宅では中々メンテナンスの時間が取れない事も有りますよね(・_・;)
ウレタン仕上げは、メンテナンスの必要がなく輪染み等も出来ない為、気軽に使う事が出来ます。
天板の一枚板もしっかり乾燥していて、板厚も50mm以上あれば、反りやひずみ等の心配は殆どありません。
無垢材の呼吸を止めないのが一番ですが・・お手入れが出来る時間が作れるようになれば、ウレタンを取り除き無垢一枚板に戻せます・・
組み立て式になっているので、こんな事も容易に出来ます。
汚れを気にせず使えるのが一番!!という時も有ります。
 ●ウレタン仕上げとは
ウレタン仕上げは木の表面にウレタン樹脂という薄く透明な膜を作る塗装方法です。少し価格は高くなりますが、乾燥がしっかりした材ならこの塗装方法はメンテナンスの必要がなく気軽です。小さなお子様のいる家や、お忙しい方には最適です。今はつや消しタイプもあるので、見た目はオイルフィニッシュと変わらない位です。

この塗装仕上げは、時間と手間が特に掛かります。埃のない所で何度も、薄く伸ばして塗り、乾燥を待って、木目にしっかり入り込むように、磨き上げ再度塗りを繰り返します。
今は特に日中の温度が上がってしまうので、朝早くに塗装を始めます。

 
欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブル 完成サイズ
W:1960  D:790~820   H:700   板厚:60
仕上げ:水性エコウレタン仕上げ
<<木あそび工房 こまくさ>> 〒399-4103 長野県駒ヶ根市梨の木4-13 TEL:0265-83-9981 FAX:0265-83-9981