木あそび 工房こまくさ【長野県 駒ヶ根市 木 手作り 家具】

 

オーダー品制作状況

 

松本市A様:山桜無垢一枚板で制作するカウンター天板

松本市A様:山桜無垢一枚板で制作するカウンター天板
 
松本市A様:山桜無垢一枚板で制作するカウンター天板
歪み取りを開始。数mm単位でルーターで引いて行きます。とても時間が掛かる根気の作業です('◇')ゞ
歪み取りを開始。数mm単位でルーターで引いて行きます。とても時間が掛かる根気の作業です('◇')ゞ
スタートは60mm有った板厚です~かなり山上に動いていたので時間も掛かりました。全長が長いと平が出るまでには、かなり削り取られますね。
歪み取りが完了いたしました。板厚が43mmでフィニッシュ
比較的緩やかなうねり~天板の前に出る側を決めていきます。
此方側は特徴の有るうねり具合です。奥行が広く取れます。
チギリを表に一か所入れます。共木で作った山桜のチギリ♪違和感無くスーと木地に溶け込みます。デザインは2種類より選択。
少しアクセントをつけたい場合は~上はオバンコール、下は鉄刀木などで選べます。
歪み取りを開始。数mm単位でルーターで引いて行きます。とても時間が掛かる根気の作業です('◇')ゞ
松本市A様:山桜無垢一枚板で制作するカウンター天板の説明
~松本市A様:山桜向く一枚板で制作するカウンター天板~
笹杢が出ている美しい山桜の一枚板です。長さ2800mmでカットし歪み取りを始めました。
長尺になると歪みが大きい場合かなり削り取られてしまいます。
桜の木は乾燥までにかなり暴れる事で有名ですね~歪みを取った後も少し、両面を返しながら落ち着かせます。
歪み取りが終わると天板の補修やチギリを入れたりして、どちら側を奥に持って行くかを決定します。
両端に反り止めの蟻桟加工へと入っていきます。
 
※山桜無垢一枚板で制作するカウンター天板 サイズ
全幅:2750mm    奥行:≒485~540mm (前側にする面で決まります) 板厚:43mm
仕上げ:水性艶消しエコウレタン仕上げ
<<木あそび工房 こまくさ>> 〒399-4103 長野県駒ヶ根市梨の木4-13 TEL:0265-83-9981 FAX:0265-83-9981