木あそび 工房こまくさ【長野県 駒ヶ根市 木 手作り 家具】

 

オーダー品制作状況

 

岡谷市M様:桧一枚板で制作するダイニング.座卓共用テーブル

岡谷市M様:桧一枚板で制作するダイニング.座卓共用テーブル
 
岡谷市M様:桧一枚板で制作するダイニングテーブル 3
余った端材で踏み台を作っています。こんな小さな脚部達も木取りして使うパーツは全て歪みを取って平らを出さないと使えません。
余った端材で踏み台を作っています。こんな小さな脚部達も木取りして使うパーツは全て歪みを取って平らを出さないと使えません。
裏面に脚部を差し込む溝を彫って行きます。
脚部の差し込みは貫通させて楔止めに加工~こうする事で強度が出来、楔の見た目もデザイン性も上がります♪
ダイニングテーブル用の脚部は本組をしていきます。クランプでしっかり固定、数日置きます。
天板裏へ脚部を差し込み固定する駒や溝をふぉる準備をしていきます。左は座卓時に脚がグラグラしないための駒を作っていきます。右は楔~ブラックウォールナットを使用
天板裏へ脚部を差し込める四角い溝を彫っています。
余った端材で踏み台を作っています。こんな小さな脚部達も木取りして使うパーツは全て歪みを取って平らを出さないと使えません。
岡谷市M様:桧一枚板で制作するダイニングテーブル 3の説明
岡谷市M様よりご注文頂きました、桧一枚板で制作するダイニング・座卓両用テーブルの制作は脚部が出来上がり磨き上げが終了♪本組をしています。
次は天板裏へダイニング使用時・座卓使用時に固定するための加工をします。
ダイニング使用時>>天板裏へ足を差し込み固定します。
座卓の使用時>>天板裏へ駒を脚部に合わせ、4隅に駒を取り付けておきます。其処へ脚部を入れ込み使用します。
天板は重いのですが、地震にも天板が滑り落ちる事がない様に固定して使って頂きます。
M様より余った端材を使って子供用の踏み台を作れたら良いな~と言われて、踏み台が出来る様に木取りも工夫しています。
此方も4方胴付きのほぞと溝を彫りながら加工して踏み台作りを進めています(*^-^*)
<<木あそび工房 こまくさ>> 〒399-4103 長野県駒ヶ根市梨の木4-13 TEL:0265-83-9981 FAX:0265-83-9981