木あそび 工房こまくさ【長野県 駒ヶ根市 木 手作り 家具】

 

オーダー品制作状況

 

岡谷市M様:桧一枚板で制作するダイニング.座卓共用テーブル

岡谷市M様:桧一枚板で制作するダイニング.座卓共用テーブル
 
岡谷市M様:桧一枚板で制作するダイニング・座卓共用テーブル 4
3本足差し込みの溝が出来、座卓使用に使う駒を入れる溝を彫って行きます。
3本足差し込みの溝が出来、座卓使用に使う駒を入れる溝を彫って行きます。
裏面に脚部を差し込む溝、座卓用の駒も出来上がりました。
3本足の脚部も磨き上げが終わり本組をしています~クランプが取れると再度磨き上げオイルフィニッシュに入って行きます。
余った端材で制作している踏み台も本組に入っています。
天板は最終の磨き上げも終わりオイルフィニッシュに入りました。針葉樹はぐんぐんオイルが入り込んでいきます。
耳の部分も幹のごつごつした部分を生かしていますので大木そのものの重厚感があふれ出ていますね♪
脚部のオイルフィニッシュの表情です。
脚部は楔で止めています~楔はブラックウォールナットを使用。ワンポイントと補強にしっかり手間を掛けて行きます。
余り端材で制作した踏み台もオイルフィニッシュ。余す所なく使っています(^^♪
3本足差し込みの溝が出来、座卓使用に使う駒を入れる溝を彫って行きます。
岡谷市M様:桧一枚板で制作するダイニング・座卓共用テーブル 4の説明
岡谷市M様よりご注文頂きました、桧一枚板で制作するダイニング・座卓両用テーブルの制作は一枚板で制作するダイニングテーブルは、本組みからオイルフィニッシュへと入っています。
針葉樹の材はどんどんオイルが入り込んでいきます。
何百年の長い歴史を生きてきた無垢材は、ダイニングテーブルとして姿形が変わっても生き続けています。
そんな凄いパワーを消し去らない為に、そして自然治癒力の恩恵を頂くためにもオイルフィニッシュを推薦しています。
美しい木目がぐぐっと浮かび上がってきています。オイル塗り>少し乾燥>拭き取り>磨き上げ>2度目のオイル>この作業を様子を見ながら2~3回繰り返します。
端材で作った小さな踏み台も一緒にオイルフィニッシュしています♪
 
乾燥が出来ればいよいよお引き渡しが出来ます。
 
※桧無垢一枚板で制作するダイニング・座卓共用テーブル 完成サイズ
全長:2300  全幅:1020-750  高さ:ダイニング時 700 座卓時 350  板厚:90 単位mm
脚部デザイン:3本足タイプで制作  仕上げ:オイルフィニッシュ
<<木あそび工房 こまくさ>> 〒399-4103 長野県駒ヶ根市梨の木4-13 TEL:0265-83-9981 FAX:0265-83-9981