木あそび 工房こまくさ【長野県 駒ヶ根市 木 手作り 家具】

 

オーダー品制作状況

 

飯島町E様:北海道産の栓無垢一枚板で制作するダイニング・座卓両用テーブル

飯島町E様:北海道産の栓無垢一枚板で制作するダイニング・座卓両用テーブル
 
飯島町E様:北海道産の栓無垢一枚板で制作するダイニング・座卓両用テーブル 2
脚部はほぞ加工が終わり組み立てが出来ると本組をします。
脚部はほぞ加工が終わり組み立てが出来ると本組をします。
クランプが外れ細部まで磨きが終わるとオイルフィニッシュに入ります
脚部が終わると、一枚板側に槐の材を使い貫通止めをしていきます。
楔部分を差し込み、余分な所を切り落とし磨きます。
天板はオイルフィニッシュに入っています。北海道産の栓は緻密で木目がくっきりと手触りも良く仕上がって来ます。
横から見た様子~板厚も57mm有って重厚感が有りますね♪
脚部はほぞ加工が終わり組み立てが出来ると本組をします。
飯島町E様:北海道産の栓無垢一枚板で制作するダイニング・座卓両用テーブル 2の説明
飯島町E様よりオーダーを頂きました、北海道産の栓無垢一枚板で制作するダイニング・座卓両用テーブルは天板・脚部共にオイルフィニッシュに入っています。
脚部は槐を使い、しっかりと割り楔止めをしています。強度が増す事と槐の模様もアクセントになります。
全て釘は一本も使わず完成する事に拘って制作。時間は掛かりますが丁寧に作品を作っています。
脚部はE様より調達のヒマラヤ杉を使っています。切り倒された一本のヒマラヤ杉より製材(外注)をし乾燥まで当工房でしています。板厚は10cmの厚さで切っています~乾燥段階で歪みを考えるとこの位は必要となります。
このヒマラヤ杉を生かして、3本脚タイプのサイドは一枚板で制作致しました。一枚板で脚部を作っているので重厚感がUPしていますね(^_-)-☆
 
※栓無垢一枚板で制作するダイニング・座卓両用テーブル 完成サイズ
全長:2000 奥行:785-830 高さ:ダイニング時>700 座卓時>350 単位:mm
仕上げ:オイルフィニッシュ
 
<<木あそび工房 こまくさ>> 〒399-4103 長野県駒ヶ根市梨の木4-13 TEL:0265-83-9981 FAX:0265-83-9981