木あそび 工房こまくさ【長野県 駒ヶ根市 木 手作り 家具】

 

オーダー品制作状況

 

東京都I様:モンキーポットの一枚板で制作するダイニングテーブル

東京都I様:モンキーポットの一枚板で制作するダイニングテーブル
 
東京都I様:モンキーポットの一枚板で制作するダイニングテーブル 3
天板裏へ脚部差し込み用の溝が彫れると、ダイニング使用時の入り具合を調整
天板裏へ脚部差し込み用の溝が彫れると、ダイニング使用時の入り具合を調整
天板裏へ脚部嵌め込みようの駒が出来ると、座卓使用時の嵌め込み状態の調整をします。
天板木表の1回目のウレタン塗装時の表情です。
木裏の1回目のウレタン塗装時の表情です。
天板裏へ脚部差し込み用の溝が彫れると、ダイニング使用時の入り具合を調整
東京都I様:モンキーポットの一枚板で制作するダイニングテーブル 3の説明
東京都I様よりご注文頂きました、モンキーポット無垢一枚板で制作するダイニングテーブルは、天板裏への脚部差し込み用の加工が全て終了して使用時の調整が終了しました。
 
これから天板は水性エコウレタンの仕上げに入って行きます。
今の季節は乾きが遅いので少し時間が掛かります。温度や湿度で乾きの状態を確認しながら5~6回程度繰り返します。
 
●ウレタン仕上げとは
ウレタン仕上げは木の表面にウレタン樹脂という薄く透明な膜を作る塗装方法です。少し価格は高くなりますが、乾燥がしっかりした材ならこの塗装方法はメンテナンスの必要がなく気軽です。小さなお子様のいる家や、お忙しい方には最適です。今はつや消しタイプもあるので、見た目はオイルフィニッシュと変わらない位です。
 
この塗装仕上げは、時間と手間が特に掛かります。埃のない所で何度も、薄く伸ばして塗り乾燥を待って~木目にしっかり入り込むように磨き上げ~再度塗りを繰り返します。
緊張感一杯で作業します。熟練を要しますね。
 
 
※モンキーポットの一枚板で制作するダイニングテーブル  完成サイズ
W:1950  D:850-780  耳を生かし自然をそのままに磨き上げ
H:700(ダイニングテーブル使用時) H:350(座卓使用時)  天板板厚:50
仕上げ:水性艶消しエコウレタン仕上げ
<<木あそび工房 こまくさ>> 〒399-4103 長野県駒ヶ根市梨の木4-13 TEL:0265-83-9981 FAX:0265-83-9981