木あそび 工房こまくさ【長野県 駒ヶ根市 木 手作り 家具】

 

オーダー品制作状況

 

松本市K様:欅無垢一枚板で制作するテーブルとTVボード

松本市K様:欅無垢一枚板で制作するテーブルとTVボード
 
松本市K様:欅無垢一枚板で制作するテーブルとTVボード 3
出来上がった脚部は前足から本組へ~次は後方の足も入れ3本で本組へと進みます
出来上がった脚部は前足から本組へ~次は後方の足も入れ3本で本組へと進みます
脚部の本組が出来ると貫き板も入れてみます
貫き板も入れた状態で天板裏へ脚部の差し込み位置と、座卓の駒の位置を決めます。
脚部の差し込みの位置を出しています
位置が出たら凹に掘って行きます。
脚部用の差し込み凹が加工できると、座卓用の駒の位置を出します
これで座卓とダイニングテーブルの両用で使える様になりました
テレビ台用の天板の片面(裏側)を歪み取り
テレビ台用の上段天板・2段目棚板・脚部用の板が片面歪み取りが出来ました
少し大きなプレーナーで厚さを均一に出しながら表面の歪みを取って行きます
出来上がった脚部は前足から本組へ~次は後方の足も入れ3本で本組へと進みます
松本市K様:欅無垢一枚板で制作するテーブルとTVボード 3の説明
松本市K様よりご注文頂きました、欅無垢一枚板で制作するテーブルは脚部の加工が全て終わり本組をしました。
クランプが外せると貫き板を通して固定~天板裏へ置き、天板裏へ脚部の差し込み凹を位置を出し加工していきます。
座卓で使えるように駒を凹凸で入れ込み加工。
天板裏への加工が全て終わると磨き上げて、水性のエコウレタン仕上げに入っていきます。
 
次はテレビボードの制作に入っていきます。
欅の無垢一枚板より各パーツを木取りして歪み取りをします。天板ほど大きくないので、裏面のみ手押ししながら少しずつ
引いて、表面は各パーツの板厚を出しながら大きなプレーナーで歪みを取ります。
歪みが取れるとドラムサンダーで概ね磨き上げをします。
 
※欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブル 完成予定サイズ
長さ:2030 奥行き:810-860-800 高さ:700(ダイニング使用時・座卓使用時350)
板厚:60 単位mm
脚部は座卓兼用の3本脚タイプになります。ご希望で貫き板が一本通ります。 
 
※欅無垢一枚板で制作するテレビボード 完成予定サイズ
長さ:1500 奥行き:350 高さ:460 天板板厚:40 単位mm
仕上げ:オイルフィニッシュ  中央部は開放 左右下段は引出し付き
<<木あそび工房 こまくさ>> 〒399-4103 長野県駒ヶ根市梨の木4-13 TEL:0265-83-9981 FAX:0265-83-9981