木あそび 工房こまくさ【長野県 駒ヶ根市 木 手作り 家具】

 

制作状況:終了分

 
フォーム
 
伊那市S様:欅の一枚板で制作するダイニングテーブル4
2012-10-19
 
伊那市S様よりご注文頂きました、欅の一枚板で制作するダイニングテーブルは、本組みからオイルフィニッシュへと入っています。



脚部は欅と山桜のコラボ(^^♪ 勿論、無垢一枚板より木取りしています。楔はエンジュを使っています。いよいよ、オイルふにっ秀に入ります。



何百年の長い歴史を生きてきた無垢材は、ダイニングテーブルとして姿形が変わっても生き続けています。
そんな凄いパワーを消し去らない為に、そして自然治癒力の恩恵を頂くためにもオイルフィニッシュを推薦しています。

 


朝日があたり、光が入って見にくいのですが美しい木目が浮かび上がってきています。(拭き取り>乾燥>磨き上げ>2度目のオイル)この作業を何回も繰り返します。
※欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブル 仕上がりサイズ
全長:2100  奥行き:1000-760-820  高さ:700  天板板厚:68  単位>mmです。
仕上げ:オイルフィニッシュ
 
新作:栗のワークデスクと椅子
2012-10-19
工房では、栗の無垢一枚板より制作するワークデスクと椅子の制作を始めています(^^♪




カットして、ひずみ取りが終わりました。左が木裏、中央は木目の表情、右が木表になります。



 
左は脚部や幕板に使用する木曽桧の丸太です。向きはこんな感じがいいかな(^0_0^) 思案中


 

下側の貫き板は少し幅を広めにして・・足が乗せやすく。後方の貫き板、脚部と木取りをしました。
これから、仮組みに向けてほぞ加工に入ります。

※栗のワークデスクと椅子制作  仕上がりサイズ
W:1500  D:600-560  H:700 単位:mm
天板下の抽斗:大1  吊り抽斗:小1・中2 栗の無垢材にて制作予定
仕上げ:オイルフィニッシュ
 
伊那市S様:欅の一枚板で制作するダイニングテーブル3
2012-10-15
伊那市S様よりご注文頂きました、欅の一枚板で制作するダイニングテーブルは脚部の制作から仮組みへと入っています。

 

全部、欅の一枚板より木取りをしています。脚部のほぞ組み加工をしています。細かい所はのみで加工します。左の脚部材は山桜を加工しています。




天板裏にも溝を掘り、脚部が入り込めるようにしてあります。組み立て式の脚部ですので、どちら側にも支障なく入り込むようにのみで調整します。



次は上下の貫き板を制作。少し幅が狭い欅の無垢一枚板より、両耳を木取りしてひずみ取りしています。
これも、贅沢です。こまくさならではの拘りです。自然のデザインは素晴らしいです。使わない手はないです(^_-)-☆




これで仮組みが完成です。取りあえず形になっただけです。
楔はエンジュを使っています。これから全てばらして、磨き上げや面取りに入って行きます。
 
伊那市S様:欅の一枚板で制作するダイニングテーブル2
2012-10-11
伊那市S様よりご注文頂きました、欅の一枚板で制作するダイニングテーブルは天板の補修とひずみ取りが終了。
脚部の木取りへと入っています。

 


白太とのコントラストが大変美しい無垢一枚板ですね(^_-)-☆
板厚も68mm確保出来ました。重厚な作品が期待できそうです。

 


こんな耳の部分のごつごつも、歳を重ねた深い味わいさえ感じます。このまま丹念に磨き上げて行きます。

 

写真左は貫き板用上下に使います。中央は脚部のコラボ用山桜をカットしています。右は脚部用台座と脚になる欅です。
全部、一枚板より木取りをしています。これから、脚部のほぞ組み加工に入って行きます。
 
静岡県I様:欅の一枚板で制作するワイドチェアー3
2012-10-11
静岡県I様よりご注文頂きました、欅の一枚板で制作するワイドチェアーの制作は、いよいよオイルフィニッシュに入りました。

 


欅の無垢一枚板より木取りした、座板や背板の木目が美しい逸品に仕上がりました。

 

胡坐をかいてもゆったりと座れる、ワイドサイズの一人掛け椅子です。奥様もこれで自分専用になれそうです(^^♪
もう少しで、お届け出来ます。楽しみにお待ちください。
 
伊那市S様:欅の一枚板で制作するダイニングテーブル開始
2012-10-08
伊那市S様、大変お待たせいたしました。欅の一枚板で制作するダイニングテーブルの制作を開始致しました。


 

ひずみ取りを開始♪この欅は、全長2500mm有りました。これを、2100mmにカット。板厚は78mmというダイナミックさ!!


 

ひずみ取りが終了。木表の表情です(^0_0^) 縮み杢も少しですが出ていました。この欅の無垢一枚板はかなり老木の様です。
赤身と白太のコントラストも美しく、天板の磨きが今から楽しみです。
 
静岡県I様:欅の一枚板で制作するワイドチェアー2
2012-10-08
静岡県I様よりご注文頂きました、欅の一枚板で制作するワイドチェアーの制作は、仮組みから本組みへ入りました。

 


お手製の冶具で角度を出して固定・・大きなお高い?機械が無い分、自分で工夫をしています(笑)

 


全てのほぞ組み加工が終了して仮組みが完成(^^♪ 座板や背板の小さなヒビ割れも、膠を溶かしてひずみ取りで出た自身の木粉と混ぜ合わせ埋め込んで補修をしています。


 

一旦、全てのパーツをばらして、面取りをしたり磨き上げをしています。最後に、木工用ボンドの力を借りてほぞ組みを固定し、このまま暫く置いてクランプで固めます。
クランプが外れば、水打ちからオイルフィニッシュへと入って行きます。
 
長崎県M様:秋田杉の無垢一枚板で制作するワークデスクと椅子4
2012-10-03
長崎県M様よりご注文の、秋田杉で制作するワークデスクと椅子2脚はオイルフィニッシュを終了いたしました。


 

オイルを塗りこんで、色合いも濡れ色になりグッと落ち着きました。節や木目がいいですね(^_-)-☆

 


取っ手は屋久杉で制作しました。脚がちょっと太めです・・頑丈な造りにしてあります。

 


座り心地が良い様に座繰りもしています(^_-)-☆
背板もフィット感抜群!椅子は座り心地が一番です。
もうすぐM様の所に行けます。長崎県までの長旅!!しっかりと梱包してお嫁に行きます。楽しみにお待ちください。
 
静岡県I様:欅の一枚板で制作するワイドチェアー
2010-10-03
静岡県I様よりご注文頂きました、欅の一枚板で制作するワイドチェアーの制作を開始致しました。
胡坐を掻いても余裕のゆったり感があります。とはいっても、奥様専用の?椅子のご注文です・・専用になれるかどうか・・(^^ゞ


 

左より>座板材>背板材>肘掛材です。欅の一枚板より木取りして、ひずみを取っています。


 

仮組みに向けて、ほぞ加工をしています。傾斜角度を正確に出すのが熟練の技ですね(^_-)-☆
  

 

前に納めさせて頂きました、欅のダイニングテーブルとベンチです。お孫さんも息子さんご夫婦も皆様、自然の木の物が大好き(^^♪ 

 


お孫さんが遊びに来ると、いつも占領されてしまうそうです。
欅の長~いベンチは遊び場かな。木と触れ合うっていいですよね♪ 頑張って制作いたします。暫くお待ちください。
 
長崎県M様:秋田杉の無垢一枚板で制作するワークデスクと椅子3
2012-09-27
崎県M様よりご注文の、椅子の制作は本組みが終了しました。
刻んだ部材を組みこんでいます。段々形になって行きますね。




座り心地が良い様に座繰りもしています(^_-)-☆

 


背板もフィット感抜群!椅子は座り心地が一番です。針葉樹なので結構苦労しているんです(@_@;)
 

デスクの引き出しも完成。取っ手は屋久杉で作っています。
全ての磨き上げが終了すると、オイルフィニッシュに入って行きます。
<<木あそび工房 こまくさ>> 〒399-4103 長野県駒ヶ根市梨の木4-13 TEL:0265-83-9981 FAX:0265-83-9981