木あそび 工房こまくさ【長野県 駒ヶ根市 木 手作り 家具】

 

制作状況:終了分

 
フォーム
 
新作:から松の一枚板で制作するテレビ台
2012-01-29
森林組合へ板材を見に行って出会った、地元のから松材です。日本の針葉樹の中で唯一の落葉樹です。
木目が粗いのですが、赤みと木目がはっきりしていて美しく、どんな作品になるか夢が膨らみ購入。


ひずみ取りも終了し、ベース部分を制作中。脚はモンキーポットを使っています。


制作はほぞ組み加工をして組み込みます。中央はから松とモンキーポットの3枚合わせの棚が入ります。
両サイドは下段が引き出しになります。仮組みに向け、パーツを制作していきます。



仮組み完成です。これから一旦ばらして磨きあげ、再度組み込み固定します。クランプを使い固定している所です。


後方の穴は両サイドに配線用としてあります。中央の棚は、ダボで2段高さ調整が出来るようになっています。
これから、引き出し作りが始まります。
※新作:から松の一枚板で制作するテレビ台
サイズ W:1800  D:400  H:450  オイルフィニッシュ
 
駒ヶ根市I様:欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブル
2012-01-22
駒ヶ根市I様よりご注文頂きました、欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブルの制作を始めました。
現在、ひずみ取りが終了し小さな穴の補修をしています。



写真では、良く確認できませんね(^^ゞ ひずみ取りをした自身の欅の粉を練り詰めています。乾くと沈みますので、これを繰り返し埋め込んでいきます。


板厚が65mm確保出来ました。重厚な仕上がりが期待できそうです(^_-)-☆
欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブル
W:2230  D:950~890  H:700 仕上げ:生漆拭き取り仕上げを予定
 
広島県N様:欅の無垢一枚板より制作する座卓
2012-01-21
広島県N様よりのオーダー、欅の無垢一枚板より制作する座卓の制作に入りました。大分進んでいますが(^^ゞ
お久しぶりです(*^_^*)H22年の秋に欅のダイニングテーブルとベンチ、椅子、そして欅の座卓とお届けにあがって以来です。 



大分ご自宅になじんで来ているのでしょうね。今回はリビングに置かれる座卓を欅無垢一枚板で制作させて頂いています。
ひずみ取りの様子です。板厚も50mm確保出来ました。


N様のご依頼で、天板は両面を使用できるように溝などは彫らず、載せるタイプとなっています。
脚部は一枚板でベースを付けるタイプで制作しています。


脚部の仮組みが完成しました。


木の自然の姿を壊さずにそのまま、磨き上げ仕上げます。
脚部は一旦ばらして、磨き上げに入ります。
天板は、水性のエコウレタン仕上げのつや消しタイプで仕上げに入ります。
●ウレタン仕上げとは
ウレタン仕上げは木の表面にウレタン樹脂という薄く透明な膜を作る塗装方法です。少し価格は高くなりますが、乾燥がしっかりした材ならこの塗装方法はメンテナンスの必要がなく気軽です。小さなお子様のいる家や、お忙しい方には最適です。今はつや消しタイプもあるので、見た目はオイルフィニッシュと変わらない位です。
写真は2度塗りが終了しています。



この塗装仕上げは、時間と手間が特に掛かります。埃のない所で何度も、薄く伸ばして塗り、乾燥を待って、木目にしっかり入り込むように、磨き上げ再度塗りを繰り返します。
緊張感一杯で作業します。熟練を要しますね。

 
欅無垢一枚板で制作する座卓
W:1650  D:740~630   H:350   板厚:50
仕上げ:水性エコウレタン仕上げ
 
京都府M様:栗無垢一枚板で制作する本棚と椅子4
2011-12-26
京都府M様よりご依頼の、栗無垢一枚板で制作する本棚と椅子は本組みが終了しています。
ホゾ組加工した部分を、木工用ボンドの力を借りてしっかりと固定します。クランプ止めは特に重要でサイズと沢山の在庫が必要になります。

栗の無垢一枚板で制作する本棚  サイズ
W:880 (内寸:850) H:1010  D:300 (内寸:280) 三段棚付き 仕上げ:塗装無し
 
京都府M様:栗無垢一枚板で制作する本棚と椅子3
2011-12-18
京都府M様よりご依頼の、栗無垢一枚板で制作する本棚は仮組みが終了しています。


栗材の美しい木目が出ています。これから一旦ばらして最後の磨き上げに入ります。


栗の無垢一枚板で制作する本棚  サイズ
W:880 (内寸:850) H:1010  D:300 (内寸:280) 三段棚付き 仕上げ:塗装無し
椅子の制作は、木取りが済みホゾ組み加工に入っています。



椅子も沢山のパーツを栗無垢一枚板より木取りしています。
左は座板になる材です。



左は背板と脚部のホゾ組みが終わり、クランプで固定しています。座板を差し込める様に脚部にホゾ加工していきます。
右は背板になる部分のカーブを大まかに削り取っています。
仮組み迄、後もう少しです(^0_0^)
 
京都府M様:栗無垢一枚板で制作する本棚と椅子2
2011-12-11
京都府M様よりご依頼の、栗無垢一枚板で制作する本棚は仮組みに入っています。
下はベースになる部分、四方胴付きほぞ組み加工という、基本の加工をして組んでいきます。


ベースが出来上がり、箱物の加工に入ります。この時点で使用される板は全てひずみ取りが終了、差し込みの凹凸を掘って行きます。


背板の加工が出来ると、仮組み終了となります。
栗の無垢一枚板で制作する本棚  サイズ
W:880 (内寸:850) H:1010  D:300 (内寸:280) 三段棚付き 仕上げ:塗装無し
 
上田市T様:欅無垢一枚板でリメイクするローテーブル制作2
2011-11-27
上田市T様よりご依頼いただきました、欅無垢一枚板でリメイクするローテーブル制作は、オイルフィニッシュに入りました。



まずは天板と耳部分も全てオイルを取り磨きあげます。脚部は、ご希望の高さ(H=340)へカット。貫き板も欅の一枚板より木取りしました。脚部はストレートタイプへ


生まれ変わりました(*^_^*)まさに一枚板だから出来る技。自然のデザインって美しいですね。

 

欅無垢一枚板で制作するローテーブル
W:1500  D:800~920   H:340   仕上げ:オイルフィニッシュ
 
諏訪市I様:欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブル4
2011-11-27
諏訪市I様よりご注文頂きました、欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブルは、全ての磨きあげ・調整を終了しオイルフィニッシュに入っています。


本当に美しい天板ですね(^_-)-☆オイルフィニッシュをすると、多くの時間を掛け磨きあげたご褒美の様に美しい木目が浮き出て来ます。大満足の時です。
ご夫婦で何度も工房へ見に来て頂いて、楽しみにされていました。もう少しで完成。お届けの日取りも決まり静かに乾燥とともに待っています。
欅無垢一枚板で制作するダイニングテーブル完成予定サイズ
W:1800~2000  D:850~770 耳を生かし自然をそのままに磨き上げ    H:700  
天板板厚:60    脚部:2OP-03タイプ
オイルフィニッシュ仕上げ
 
京都府M様:栗無垢一枚板で制作する本棚と椅子
2011-11-27
京都府M様よりご注文頂きました、栗無垢一枚板で制作する本棚と椅子の制作を始めました。
下の写真、左は椅子になる栗の無垢材。右は本棚の棚や側板など木取りした板を一枚ずつひずみ取りをしています。


まだまだ、何も形は見えて来ません。仮組みに向けて沢山のパーツを木取り、ひずみを取って行きます。
お子様の為の本棚が二つと椅子が一つ。きっと沢山の本で埋められるのでしょう。楽しみに待っていてくださいね(^_-)-☆
栗の無垢一枚板で制作する本棚  サイズ
W:880 (内寸:850) H:1010  D:300 (内寸:280) 三段棚付き 仕上げ:塗装無し



椅子はQKU-02のデザインで栗材で制作します。
 
上田市T様:欅無垢一枚板でリメイクするローテーブル制作1
2011-11-23
上田市T様よりご注文頂きました。
PK-02の欅ダイニングテーブルの欅の持つ重厚感・木目、そしてサイズが調度良いという事で、ローテーブルへのリメイクが決定。
前にオーダー頂きました、欅ローソファーに合わせてご注文頂きました。



まずは天板と耳部分も全てオイルを取り磨きあげます。脚部は、ご希望の高さ(H=340)へカット。


貫き板も欅の一枚板より木取りしました。脚部はストレートタイプ


仮組み完成。これから一旦ばらして本組みに向け、磨きあげていきます。
欅無垢一枚板で制作する座卓
W:1500  D:800~920   H:340   仕上げ:オイルフィニッシュ
<<木あそび工房 こまくさ>> 〒399-4103 長野県駒ヶ根市梨の木4-13 TEL:0265-83-9981 FAX:0265-83-9981