木あそび 工房こまくさ【長野県 駒ヶ根市 木 手作り 家具】

 
 
 
駒ケ根市N様:胡桃のベンチと欅のTV台制作 3 更新
2017-07-25
ベースの加工も出来て仮組完成です。此れから一旦ばらして最終の磨き上げと本組に入ります。
駒ケ根市N様よりご注文頂きました胡桃材のベンチ制作は仮組まで終了しました。
クルミ材は散孔材に分類されます。が、散孔材にしては導管は太めで木目は適度に目立ちます。手触りはすべすべで触っていると気持ち良いです。当工房でも欅に次ぐ人気の材です(^^♪
クルミ材は落ち着いていて優しい雰囲気を醸し出してくれ仕上がりも綺麗です。
 
いつもの工程です~写真を見て頂きながら制作の過程をご確認いただけます。
 
仮組が終了すると一旦ばらして、最終の磨き上げに入ります。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
駒ケ根市N様:胡桃のベンチと欅のTV台制作 2 更新
2017-07-18
両脚部が入り貫き板も加工が終了~いよいよ仮組完成に♪
駒ケ根市N様よりご注文頂きました欅のテレビ台制作は仮組まで終了しました。
脚部や棚板のほぞ加工を完了して、槐の材で貫き板と脚部を楔止めして行きます。
 
仮組が終了すると一旦ばらして、最終の磨き上げに入ります。
写真を沢山載せました~出来上がって行く様子が見れます
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
駒ケ根市N様:胡桃のベンチと欅のTV台制作 1 更新
2017-07-09
テレビ台用の欅無垢一枚板です。この一枚板より良い所だけで木取りして歪みを取って行きます。
駒ケ根市N様よりご注文頂きました、胡桃材のベンチと欅のTV台制作を始めました。
胡桃の無垢一枚板で制作するダイニング用ベンチは、一人掛け用の椅子の材と合わせて栗材にしています。
工房では座板や天板部分の木取りを、一枚板よりして歪みを取って行きます。
歪みが取れると一旦、暫く寝かせて落ち着かせます。その後は仮組を目指してほぞ組加工をします。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
新作:胡桃の一人掛け椅子(固定・回転) 1 更新
2017-07-05
丸形なのでお手製のコンパスでくるっと円を描きカット出来る様にします。座板を円形にカットしています。
工房では胡桃の一枚板から制作する、一人掛け椅子を固定・回転の2種類制作を始めました。
胡桃材は少しくすんだ若干赤っぽい茶褐色をしていて広葉樹としては柔らかめですが、出来上がった時に軽くて使い勝手が大変良好ですね(^_-)-☆
デザインは背板一枚板にして、背中にフィットする様に湾曲に仕上げて行きます。
今回は出入りの楽な回転式と座板を固定するタイプの2種を作っています。
胡桃の一枚板より木取りをして、すべてのパーツを歪み取りをします。座板は丸形なのでお手製のコンパスでくるっと円を描き
準備!
脚部は組み立てが出来る様にほぞ加工をして、背板部分は湾曲に作り上げて行きます。
 
写真が沢山有ります~出来上がって行く制作工程をご覧ください♪
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
駒ケ根市S様:欅の弓型ベンチ制作 2 更新
2017-06-21
脚部はアサメラを使い欅の天板まで貫通させています。強度も上がりワンポイントのデザインも美しい表情です
駒ケ根市S様よりご依頼頂きました、欅無垢一枚板より弓型のベンチの制作はゴン組が終了してオイルフィニッシュに入りました。
欅の無垢一枚板は弓型になった材を選び制作しています。脚部はアサメラを使い、座板まで貫通させて強度を出しています。(割り楔は欅を使用しています)
4本足で貫き板が通らない分、座面裏には補強を溝を掘って差し込んでいます。小さくてもしっかりとした作りになっています。
本組が終了するとクランプが外れ、いよいよオイルフィニッシュに入って行きます。
欅の美しい木目や、チギリの鉄刀木・脚部のアサメラなどがワンポイントに色合いを添え個性豊かな作品になりました。
モンキーポットの根幹で出来たダイニングテーブルに使うベンチとして良い味を出しています。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
飯島町E様:栓一枚板で制作するダイニング・座卓両用テーブル 納品 更新
2017-06-17
北海道の過酷な環境でで育った栓は緻密で仕上がりも美しく、杢も独特の表情が有り幹のごつごつ感も堪りませんね
飯島町E様よりオーダーを頂きました、北海道産の栓無垢一枚板で制作するダイニング・座卓両用テーブルが完成して新居へお届けさせて頂きました。
テーブルの天板は北海道産の栓を使い、脚部はE様より支給のヒマラヤスギを製材して乾燥~使用しています。
珍しい形の薪ストーブがお出迎えしてくれる、木の香りがいっぱいのリビングダイニングへ。
天板の板厚は57mm、脚部のヒマラヤ杉は板厚が70mmで仕上がっているので重厚感も有り存在感が有ります。
脚部の一枚板は上下を弓型にカットする事で歪みが出た場合も調整が出来る様にしました。
オイルフィニッシュで仕上げていますので、メンテナンスは必要となりますが 住む人にも木にも優しい仕上がりになっています。
お子様の成長に合わせる様に傷や汚れも付きますが、ご家族皆様でメンテナンスをしながら是非、おおらかに使って頂けると嬉しいですね(^_-)-☆
 
詳細はダイニングテーブル・椅子・ベンチ納品よりご覧になれます。
 
※余談ですが・・ご家族の皆様が拘って作りましたと言っていましたが、本当に色々考えられたお家で使い勝手も良く、木が大好きなE様らしく主人も私も「これ、すごいね~」と感激するような作りがいっぱいでした。
後半にお写真を頂いて来ましたので少しだけご紹介♪
 
駒ケ根市S様:欅の弓型ベンチ制作 1 更新
2017-06-13
座板に脚部を貫通させるために□穴を開けて行きます。
駒ケ根市S様よりご依頼頂きました、欅無垢一枚板より弓型のベンチの制作に入りました。
先にお買い上げ頂いたモンキーポットの根幹で制作したダイニングテーブルに使います。
ダイニングテーブルがモンキーポットの根っこ部分を輪切りした天板です。
そんな形に合わせて弓型をした欅の無垢一枚板を選びました。
赤みも濃く美しい色合いです。割れも少し入っているので木表は鉄刀木(タガヤサン)を使い、木裏は欅でチギリを作り入れています。
脚部にはアサメラを用意しました~一枚板を4本足脚部のパーツを木取りして歪み取りをしていきます。
脚部の4本足は座板に貫通してほぞ組加工をし割り楔で補強します。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
駒ケ根市S様:モンキーポットの脚部収納付きダイニングテーブル 納品 更新
2017-06-09
ダイナミックな重厚感あふれるモンキーポットの根幹!温もりのある天然木が安らぎの空間を演出してくれます。一目惚れで購入して頂いたテーブルで♪満面の笑顔です。

駒ケ根市S様がカウンター用の材を見つけにお越しくださいました。

あれこれ見て頂き工房の中へ~奥様の目に飛び込んだモンキーポットの根幹で制作したダイニングテーブルがお目に留まり一目ぼれ♪・・・棚板用の板材を見に来た筈だった予定が('◇')ゞ

このテーブルは直径広い所で、1630 胴回りは5メートルを超えています。高さ:700 天板を支えれるように、どっしりとした脚部に仕上げています。

この木何の木?気になる気になる木♪で有名な日立のTVコマーシャルに映っている”木モンキーポット”辺心材の区分が明瞭で耐久性に優れた良材です。
脚部収納は外枠はモンキーポット、鏡板にはブビンガを使っています。扉は両開き、前からと後ろからと2か所付きます。
 大きなテーブルですので、ご来店頂いた方にも「凄い~良いね~でも、大きすぎて我が家には無理かな」こんなお話を何回かしたのですが・・自然豊かな広々としたリビングにお嫁入できました。
 
詳細はダイニングテーブル・椅子・ベンチ納品よりご覧になれます。
 
埼玉県M様:たぶ桜の無垢一枚板で制作する座卓 3 更新
2017-06-06
全ての加工が終了して仮組が出来ました。仮組が終了すると、一旦ばらして細部に渡り磨き上げます。
埼玉県M様よりご注文頂きました、たぶ桜の無垢一枚板で制作する座卓は仮組が完成して磨き上げが終了しました。
今は天板より水性エコウレタン艶消しタイプで仕上げを始めています。
この塗装仕上げは、時間と手間が特に掛かります。埃のない所で何度も、薄く伸ばして塗り、乾燥を待って、木目にしっかり入り込むように、磨き上げ再度塗りを繰り返します。
ラストは吹き付け塗装で仕上げて行きます。
緊張感一杯で作業します。熟練を要しますね。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
埼玉県M様:たぶ桜の無垢一枚板で制作する座卓 2 更新
2017-05-28
貫き板と脚部は欅の一枚板より木取り~脚部に貫き板を通す穴を貫き楔で止め仮組を目指します。
埼玉県M様よりご注文頂きました、たぶ桜の無垢一枚板で制作する座卓は脚部へほぞ加工をしています。
 
脚部は天板裏へ差し込める様に、4方胴付きほぞ加工をしました。 
天板裏へ差し込む加工と貫き板の貫通用の□穴が加工出来ました。
貫き板も耳付きを使う事で自然なデザインに!ほぞ加工が出来た部分に楔止めが入る様に□穴を開けて行きます。
全ての加工が終われば仮組が完成します。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
<<木あそび工房 こまくさ>> 〒399-4103 長野県駒ヶ根市梨の木4-13 TEL:0265-83-9981 FAX:0265-83-9981