木あそび 工房こまくさ【長野県 駒ヶ根市 木 手作り 家具】

 
 
 
(株)積水ハウス松本支店様:栗と山桜のカウンター用天板  更新
2017-09-20
山桜のカウンター用天板は、ひびの有る部分は全て補修をしていきます。
(株)積水ハウス松本支店様よりご注文を頂きました、無垢一枚板で制作する栗と山桜のカウンター用天板の制作を始めました。
 
展示場のご新築に合わせて、カウンター用天板として制作します。
樹種は山桜と栗の材を選んで頂きました。
山桜のカウンター用天板は長さ2700mmで制作します。
 
栗の一枚板で制作するカウンター天板は、幅が狭いので何時もの歪み取りではなく手押し鉋でしています。
♪大きな栗の木の下で~身近ですが、家具材としては余り知られていませんね(^^ゞ
栗の木は硬く耐久性が高く木材として高級品 になります。美しい木目と耐久性・耐湿性に優れて、使えば使うほど深い味わいが増してきます。
 
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
伊那市H様:欅のダイニングベンチ制作 3 更新
2017-09-13
ベンチ脚部の楔はダイニングテーブルに合わせてブラックウォールナットを使っています。
伊那市H様よりオーダー頂きました、欅の無垢一枚板で制作は仮組を一旦ばらして面取りから最終磨き上げをしました。
 
本組が終わると、いよいよオイルフィニッシュへと入って行きます。
一回目の塗布をしました。少し乾燥させ、更にサンダーで磨き表面にしっかりと入れ込んで行きます。綺麗にふき取り、二回目のオイルを入れ込んで行きます。
 
オイルを摺りこむと、濡れ色の美しい木肌が浮かび上がります。オイル仕上げは、木肌の自然な感触を味わえ、より人にやさしい仕上がりになります。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
伊那市H様:欅のダイニングベンチ制作 2 更新
2017-09-05
仮組が出来ると、一旦ばらして面取りから磨き上げに入って行きます。
伊那市H様よりオーダー頂きました、欅の無垢一枚板で制作は各部材のほぞ加工を進め仮組まで来ました
 
脚部とを繋ぐ楔はダイニングテーブルに合わせ、ブラックウォールナットで統一しました。
仮組が終わると一旦ばらして面取りや磨き上げを進め本組に入ります。
 
※欅無垢一枚板で制作するダイニングベンチ 完成寸法
 
W:1800 D:370~400 H:400 仕上げ:オイルフィニッシュ
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
塩尻市Y様:無垢一枚板で制作する欅カウンター用天板  更新
2017-09-03
一回目のオイル仕上げ~美しい木目がくっきり浮かび上がって来ます。
塩尻市Y様よりご注文頂きました、無垢一枚板で制作する欅カウンター用天板を始めました。
ご新築のY様の書斎のカウンターに、お気に入りの欅一枚板を選んで頂き制作します。
 
耳部分も使っているので白汰部分とのコントラストが美しいですね♪
歪みを取って荒磨きをしたら2日間ほど寝かします。
 
木肌が落ち着くと、耳部分も含め丹念に磨き上げます。
オイルフィニッシュの仕上げは、一回ごと木肌に擦り込むように目を潰しながらオイルを入れ込みます。
 
最近は新築の際に図面からの打ち合わせの段階で、キッチンカウンターや書斎・トイレなどに
お気に入りの無垢一枚板を使う方が増えています。
一枚板の両サイドや奥側を大工さんに嵌め込んで頂く事で強度も増し、お部屋のワンポイントと癒しの空間が完成します。
是非、参考にして頂ければと思います。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
伊那市H様:欅のダイニングベンチ制作 1 更新
2017-08-31
歪み取りが終わった脚部(右)と脚部ベース(左)です
伊那市H様よりオーダー頂きました、欅の無垢一枚板で制作するダイニングベンチを始めました。
 
一緒に購入頂きました欅のダイニングテーブル(PK-05)はオイルフィニッシュを仕上げをしています。
此方を水性のエコウレタン仕上げに変更するため、天板の表裏を全て磨きオイルを取り除きます。
テーブルの天板は3週間ほど掛かり仕上げて行きます。
 
ダイニングベンチは、欅の一枚板より木取りして歪み取りより始まります。
脚部やベース・貫き板も歪み取りをしたら仮組に向けほぞ加工をしていきます。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
鳥取県N様:欅の一人掛け椅子制作 3 更新
2017-08-27
最後の本組が終了して、オイルフィニッシュへと入って行きます。
鳥取県N様よりご注文頂きました欅の一人掛け椅子制作は、座繰りや背板のラインの仕上げを経て仮組が終了♪
鉋を沢山使い(種類)座り心地用句仕上げて行きます。
背板は背板に嵌め込んだ栂の板を背板のラインに余分な部分を鉋で仕上げて行きます。
 
全ての工程が仕上がると最後のオイルフィニッシュへと入って行きます。
もう少しで完成(^^♪ N様へのお届けも近くなっています。
 
制作工程の写真が沢山有りますのでご覧ください
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
駒ケ根市N様:胡桃のベンチ・一人掛け椅子と欅のTV台 納品 更新
2017-08-22
柔らかく温かみの有る色合いの胡桃のベンチと椅子がダイニングに入りました。

駒ケ根市N様宅へ完成した胡桃材のベンチと椅子、欅のテレビ台をお届けに行ってきました♪

駒ケ根高原の麓の静かな住宅街~アルプスの山々に魅了されて移住されたN様です。空気が美味し良い所ですよね。

胡桃のベンチは柔らかな色合いが魅力的で美しく仕上がっています。
座板の板厚も35mmあり、奥行は400mmと重厚感が有ります。
 
欅のテレビ台は一枚板を棚板に木取りして、耳部分も丹念に磨き上げています。
欅の木目もしっかり浮き出ています。脚部の固定は槐の材で割り楔をしました~強度も増してデザインもワンポイントが
魅力的です♪
 
胡桃のベンチとお揃いになる様に購入して頂いた、一人掛けの椅子も一緒に納めさせて頂きました。
 
詳細はダイニングテーブル・椅子・ベンチ納品よりご覧になれます。
 
鳥取県N様:欅の一人掛け椅子制作 2 更新
2017-08-17
背板に入る栂材のパーツは背板にほぞ組出来る様に墨出しをしてカットして行きます。
鳥取県N様よりご注文頂きました、欅の一人掛け椅子制作は背板部分と脚部の制作に入っています。
 
後ろ足を一本で落とすデザインですので、前足や背板部分も同時にほぞ加工を行い進めて行きます。
 
前足は座椅子に貫通させる事で強度も高くなります。割り楔を打ちこむ事でワンポイントにもなります。
小さいながらもかなり手間のかかる作業です。
 
全てが組み込めるようになったら座繰りの工程に入って行きます。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
鳥取県N様:欅の一人掛け椅子制作 1 更新
2017-08-06
後ろ足に使う欅の材。型を使い形を作り上げます
鳥取県N様よりご注文頂きました、欅の一人掛け椅子制作に入りました。
前に木曽桧のテレビ台を制作して頂き今回は椅子の制作を承りました。
 
欅の一枚板より木取りした、座板や脚部のパーツは歪み取りをしてほぞ加工になります。
脚部のデザインが後ろ足は下まで一本で制作して欲しい事と、背板の材を変えて欲しいとご希望♪
背板は栂の木目が美しかったので此方で決定です。
 
墨だしが出来ると、それぞれほぞ加工に入り仮組を目指します。釘は一本も使わず全て組み込みで完成させます。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
 
駒ケ根市N様:胡桃のベンチと欅のTV台制作 4 更新
2017-08-02
欅のテレビ台は一枚板を棚板に木取りして、耳部分も丹念に磨き上げています。
駒ケ根市N様よりご注文頂きました、胡桃のベンチと欅のTV台制作はオイルフィニッシュに入りました。
胡桃のベンチは柔らかな色合いが魅力的で美しく仕上がっています。
座板の板厚も35mmあり、奥行は400mmと重厚感が有ります。
 
欅のテレビ台は一枚板を棚板に木取りして、耳部分も丹念に磨き上げています。
欅の木目もしっかり浮き出ています。脚部の固定は槐の材で割り楔をしました~強度も増してデザインもワンポイントが
魅力的です♪
 
胡桃のベンチとお揃いになる様に購入して頂いた、一人掛けの椅子もメンテ内椅子をしています。
細部まで磨き上げをしてオイルフィニッシュをしました。
 
いよいよ完成真近です。
 
詳細はオーダー品制作状況よりご覧になれます。
<<木あそび工房 こまくさ>> 〒399-4103 長野県駒ヶ根市梨の木4-13 TEL:0265-83-9981 FAX:0265-83-9981